水を2L飲むのは本当に大変な作業になってきます。

水を2L飲むのは本当に大変な作業になってきます。

身体に良いと言われることですが、とても大変な作業があります。
それは、水を毎日2L飲むことです。
水は喉が渇いている時は、すんなりと喉を通るのですが、喉が渇いていない時に飲むと、喉に引っかかるような状態になるのです。
しかし、2Lの水が身体の調子を整えるのに良いらしいのです。

この方法の実際の成果は分かりませんが、血液濃度を水分で薄めることによって、いろんな高い数値を下げる目的があるのではないかと思います。
夏場は汗となって流れて行くので、ある程度は意味があるのかなと思います。
汗によって塩分も出るので、確実に水分を摂ることによって塩分だけは減っているはずです。

冬場は汗をかかないので、トイレが近くなります。
トイレが多くなることで、不純物が多く排泄されて身体に残るモノがよくなるのかもしれないですね。
実際に、手始めに1.5Lボトルのボルビックの水を買って、丸1日をかけて飲み始めましたが、1日かけても飲みきれない程つらかったです。
最後は、残った水を一気飲みして飲みほしたのですが、2Lなら飲めていなかったですね。

身体に良いということで、ジュースや缶コーヒーを買わないで、水を買うようにしていますが、とにかく1年続けることを目標に頑張って行きたいなと思っています。
www.signalingnetworks.com