布団で寝ない時の注意

寒くなってくると温かいコタツが気持ちよくてそのまま寝てしまうことがたまにあります。
そんな時は、決まったように起きた時に体が固まっていて動かしにくくなっていたり、
筋を痛めたのか腰の辺りが痛くなって数日痛みが退かなかったりと
体には良くない状態になることが多いです。

寝返りがうてるように座椅子などを動かして空間を作るようにするとそれ程体に異常はないので、
もしコタツで眠くなってしまった時はできるだけ物をどかして寝るようにするのが良いと思います。

起きた時には喉が渇いているので、
きちんと水分補給をすることも忘れないようにしないといけません。

布団で寝る時は気にならないことでも、
違い場所で寝る場合は気にしないといけないことが多いのですね。

体に負担が少ない方法で寝るように工夫をしていくことが大切なのだと思います。
それでももし体を痛めてしまったら少し痛い程度のストレッチで治さないといけませんね。
疲れた肌再生にはバルクオムがいいですね~